完成まであと少し

こんにちは
新築住宅事業部の橋詰です。

9月に投稿いたしました
世田谷区にて工事中の木造施設の現場。
現場は、仕上げの工程に入っており、
大工さん、塗装屋さん、タイル屋さん、クロス屋さん、建具屋さん、造園屋さん…と
様々な職人さんが一つの現場で作業を進めております。
住宅の場合ですと、これだけの業者さんが同時に作業することは難しいですが、
施設のような大きな規模の場合は、かち合わない様に工程を組むことで可能となります。
職人さんが作業しやすく、安全な環境づくりを心がけで完成に向けて引き続き工事を進めていきます。

杉板張りの家。

「大工」のカッコ良さを伝えたい

関連記事

  1. 造作材加工

    鴨居、敷居、玄関框、窓枠、ドア枠…総称して造作材と言います。相羽…

  2. 階段の加工

    まわり階段をつくる時、相羽建設ではより広くすっきりとした階段にするために…

  3. 築15年目のリフォーム工事

    今年の4月に担当したリフォーム工事現場は竣工から15年目を迎えた当社…

  4. 築30年以上の住まいをリフォーム

    聖蹟桜ヶ丘駅にほど近い多摩ニュータウンは、昭和38年に土地の分筆が行われ、1…

  5. 木完

    "モッカン"大工の仕事が完了した状態をこのように呼んでいます。内部は…

  6. 技術の伝承

    伊礼智さん設計の浜田山の家は、大工さんによる造作工事中秋山棟梁を中心…

  7. 原寸で確認する

    現場監督にとって大切な仕事の一つが伝えるということ伊礼智設計室さま設…

  8. あっという間の1年

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。いろいろと大変なことが…

PAGE TOP