タイル割付とは⁉

こんにちは新築住宅事業部の新藤です。

現場監督をやっております。

最近、タイル工事の現場がありましたので少し紹介します。

タイルには様々な色模様、形サイズがあり現場では仕上がりを綺麗に見せるために「タイル割付け」を行っております。

床仕上げだけでなく壁仕上げ材でも同様に、タイルというのは実際のタイルサイズと目地の巾という考え方があります。

タイルの色や模様も考えますが、中途半端にタイルを切らないで、綺麗に仕上げる工夫を現場では工夫をしています。

そんな目で相羽建設の建物をこれからは見ていただきたいと思います。

次回の投稿もタイルの話です お楽しみに!!

移り変わるもの。

上棟の想い出を。

関連記事

  1. 造作材加工

    鴨居、敷居、玄関框、窓枠、ドア枠…総称して造作材と言います。相羽…

  2. 階段の加工

    まわり階段をつくる時、相羽建設ではより広くすっきりとした階段にするために…

  3. 築15年目のリフォーム工事

    今年の4月に担当したリフォーム工事現場は竣工から15年目を迎えた当社…

  4. 築30年以上の住まいをリフォーム

    聖蹟桜ヶ丘駅にほど近い多摩ニュータウンは、昭和38年に土地の分筆が行われ、1…

  5. 木完

    "モッカン"大工の仕事が完了した状態をこのように呼んでいます。内部は…

  6. 技術の伝承

    伊礼智さん設計の浜田山の家は、大工さんによる造作工事中秋山棟梁を中心…

  7. 原寸で確認する

    現場監督にとって大切な仕事の一つが伝えるということ伊礼智設計室さま設…

  8. あっという間の1年

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。いろいろと大変なことが…

PAGE TOP