上棟の想い出を。

こんにちは、新築住宅事業部の新(あたらし)です。

先日の水曜日。現在販売中の東村山市諏訪町の三区画の売地 真ん中のB区画の現場が上棟を迎えました!
この日は良いお天気に恵まれて風もなくて、なかなかの上棟日和。
住まい手さん、職人の皆さんの日頃の行いに感謝です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工たちとレッカーのオペレーターさん、現場監督の息のあった
ONETEAMな作業の進み方に 毎回上棟の時に思うけど、やっぱりスゴイ!!

今回の家は「木造ドミノ住宅」というつくり方。
「多摩産材」という地域の山の木をつかって、耐震性能の高い頑丈な建物をつくり、
家の内側には、家を支えるための壁がないのが特長です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の様に敷地にゆとりがあったり、十分に距離が引ける時には
「定点撮影」を行うことがあります。
スマホでいう「タイムプラス」というものですね。

その撮影を行うのが、こちらのカメラ!
「ガーデンウォッチカム」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これと同じタイプは、現在は販売されていないようです。同じメーカーから後継の機種が出ています。

撮影時間の間隔を設定して(5秒間隔がちょうどイイ)、
一日撮影すると、どんどん家の形が出来上がってく様子がわかります。
太陽の光り、雲の動きなど、その日の雰囲気がわかって、当日の感じが良く伝わって来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日の雨予報に備えて、ブルーシートで建物を覆い、この日の作業は完了。
私も朝イチしか現地に入れなかったのですが、撮影データを見ながらこの日のようすが良くわかりました。

そもそも、定点撮影というか、
家が出来上がっていく一日の様子をナントカ残したい!と思ったのは、
今から約10年前の、自宅の上棟の時でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時一歳半だった娘も、小学5年生。
この後に生まれる長男も、今小学2年生。

自分たちの家が建った記憶さえよくわからなかったり、定かでなかったりするかもしれない。
そういう時に、色々と見せてあげられるように。想いを伝えられるように。

だって 家づくりって、なんだかんだ言っても、
ご家族にとって、とっても大きな出来事だから。

そこから何を感じて、どんな大人になっていくかはわからないけど、
自分たちの家づくりの想い出が残っていくのは、やっぱりイイなと思う。
これからもそんな1頁のお手伝いが出来ればと、あらためて思いました。

タイル割付とは⁉

木完

関連記事

  1. 現場監督の楽しみ

    建物のお引渡し前、現場監督の密かな楽しみ一眼レフで竣工写真の撮影…

  2. 築15年目のリフォーム工事

    今年の4月に担当したリフォーム工事現場は竣工から15年目を迎えた当社…

  3. 煙突のある家ができました。

    八国山ソーラータウンに、煙突が目印の住まいが完成しました。杉板張りの…

  4. 長く使いやすい家

    こんばんは、新築住宅事業部のアタラシです。今週末の5/9(土)10(…

  5. 素敵空間の妄想。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。最近は暑さもやわらいで…

  6. 木完

    "モッカン"大工の仕事が完了した状態をこのように呼んでいます。内部は…

  7. 木造3階建て 延床:18坪 工事着工しました!!…

    練馬区にて、木造3階建ての工事を着工しました。ワンフロアー6坪ほどの…

  8. 手のひらサイズの…

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。今日は私のお気に入りの道具をご…

PAGE TOP