木完

“モッカン”
大工の仕事が完了した状態をこのように呼んでいます。
内部は壁紙などの仕上げがない状態ですが造りつけ家具やコンセントを設置するための穴などは施工されており
完成形をイメージしやすくなりますので、木完に合わせてお客様と施工状況の確認を行いました。
外部は屋根や外壁の工事が終わり、これから足場を外して外構工事がはじまりますので足場も登り納め。
屋根やOMソーラーのパネルの確認と屋根の上の非日常な風景も楽しんで頂きました。
薪ストーブや小林賢二さんの植栽などなど完成が楽しみです。
3月に完成見学会を行いますので乞うご期待。

相羽建設 松本

相羽建設ホームページ
「すっきり、シンプル、コンパクトな暮らし」完成見楽会

上棟の想い出を。

リビングとつながる和室築17年の家 オープンハウス

関連記事

  1. 階段の加工

    まわり階段をつくる時、相羽建設ではより広くすっきりとした階段にするために…

  2. 築30年以上の住まいをリフォーム

    聖蹟桜ヶ丘駅にほど近い多摩ニュータウンは、昭和38年に土地の分筆が行われ、1…

  3. 現場が始まる前の仕事

    加工場に積み上げられた木材はこれから始まる仕事の造作材現場を指揮…

  4. 段取り上手を目指して。

    新築事業部 堀野です。先日、担当現場の上棟を行いました。建物…

  5. 木造施設の工事中

    こんにちは新築住宅事業部の橋詰です。ただ今世田谷区にて木造保…

  6. 大工さんの下準備

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。昨日はとある現場にて上棟作業を…

  7. 木造戸建てリノベーション始まりました!

    築30年ほどの建売住宅にお住いの70代ご夫婦が今のお住まいで悩んでいらっしゃ…

  8. 板金の納まり

    ガルバリウム鋼板:屋根や外壁の仕上げ材として用いられる素材現場は、外…

PAGE TOP