段取り上手を目指して。

新築事業部 堀野です。

先日、担当現場の上棟を行いました。

建物の骨格ともいえる柱や梁が組み合わさり、
家の形になっていく様を見るのは何回立ち会っても飽きないです。

相羽建設の上棟現場、最大の特徴はそのスピード。

長年一緒に仕事をしている棟梁・大工が力を合わせることで
あっという間に作業が進んでいきます。

その作業のスピードが落ちないように、段取りを進めるのが
施工監督の技量が試される所です。

資材搬入の到着時間。
構造金物の準備、ベニヤや断熱材の準備。

駐車スペースや産廃置き場の位置をどうするかも、
監督の腕の見せ所です。

竣工まで気を抜かず。
段取り上手を目指します。

「アトリエのある住まい」完成見楽会

動画で伝えたいこと

関連記事

  1. 新しい家作りが始まります。

    ソーラータウン八国山にて、新しい家作りが始まりました。…

  2. 東京都の蓄電池助成金について

    東京都の蓄電池助成金について OMソーラー+太陽…

  3. 大工さんの下準備

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。昨日はとある現場にて上棟作業を…

  4. 手のひらサイズの…

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。今日は私のお気に入りの道具をご…

  5. 造作材加工

    鴨居、敷居、玄関框、窓枠、ドア枠…総称して造作材と言います。相羽…

  6. 現場の掃除

    こんにちは橋詰です。タイルカーペット工事にて作業にかかる前の…

  7. 大工さんの床張り

    現場では野田大工さんが床の施工中職人さんの無駄のない動…

  8. 築15年目のリフォーム工事

    今年の4月に担当したリフォーム工事現場は竣工から15年目を迎えた当社…

新着記事

PAGE TOP