段取り上手を目指して。

新築事業部 堀野です。

先日、担当現場の上棟を行いました。

建物の骨格ともいえる柱や梁が組み合わさり、
家の形になっていく様を見るのは何回立ち会っても飽きないです。

相羽建設の上棟現場、最大の特徴はそのスピード。

長年一緒に仕事をしている棟梁・大工が力を合わせることで
あっという間に作業が進んでいきます。

その作業のスピードが落ちないように、段取りを進めるのが
施工監督の技量が試される所です。

資材搬入の到着時間。
構造金物の準備、ベニヤや断熱材の準備。

駐車スペースや産廃置き場の位置をどうするかも、
監督の腕の見せ所です。

竣工まで気を抜かず。
段取り上手を目指します。

「アトリエのある住まい」完成見楽会

動画で伝えたいこと

関連記事

  1. 現場監督の楽しみ

    建物のお引渡し前、現場監督の密かな楽しみ一眼レフで竣工写真の撮影…

  2. 原寸で確認する

    現場監督にとって大切な仕事の一つが伝えるということ伊礼智設計室さま設…

  3. TOOL BOX ハウス 完成見楽会

    もうすぐ完成お引渡しのTOOLBOXハウス建て主さんのご厚意により、…

  4. 文字を書きます。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。先日、仕上げの指示内容…

  5. 木工事がはじまります。

    こんにちは。新築住宅事業部の樋口です。家…

  6. 上棟の想い出を。

    こんにちは、新築住宅事業部の新(あたらし)です。先日の水曜日。現在販…

  7. 整理・収納にお伺いしました

    以前、ainoha VOL.104でご紹介をさせていただいた 「整理…

  8. これは便利、花粉症対策も・・・

    こんにちは新築事業部の新藤です。現場監督をしていていろいろな家を見る…

PAGE TOP