段取り上手を目指して。

新築事業部 堀野です。

先日、担当現場の上棟を行いました。

建物の骨格ともいえる柱や梁が組み合わさり、
家の形になっていく様を見るのは何回立ち会っても飽きないです。

相羽建設の上棟現場、最大の特徴はそのスピード。

長年一緒に仕事をしている棟梁・大工が力を合わせることで
あっという間に作業が進んでいきます。

その作業のスピードが落ちないように、段取りを進めるのが
施工監督の技量が試される所です。

資材搬入の到着時間。
構造金物の準備、ベニヤや断熱材の準備。

駐車スペースや産廃置き場の位置をどうするかも、
監督の腕の見せ所です。

竣工まで気を抜かず。
段取り上手を目指します。

「アトリエのある住まい」完成見楽会

動画で伝えたいこと

関連記事

  1. 職人技の見せ所。

    八国山に程近い場所で、基礎工事が始まりました。配筋検査の確認をしていると…

  2. 梅雨時期の楽しみ!!

    こんにちは新藤です。関東も先週梅雨に入りし気温も高くジメジメした日々を過…

  3. 長く使いやすい家

    こんばんは、新築住宅事業部のアタラシです。今週末の5/9(土)10(…

  4. 梅雨の時期の楽しみ(その2)

    こんにちは新藤です。梅雨の時期の楽しみ(その2)です。前回の…

  5. 木造の園舎

    昨年6月に着工した木造の保育園が先日お引渡しを無事お引渡しを迎えました。…

  6. 階段の加工

    まわり階段をつくる時、相羽建設ではより広くすっきりとした階段にするために…

  7. 木製建具枠造作

    伊礼智さん設計の浜田山の家は、外周部木枠の造作工事中秋山棟梁の枠…

  8. これは便利、花粉症対策も・・・

    こんにちは新築事業部の新藤です。現場監督をしていていろいろな家を見る…

PAGE TOP