段取り上手を目指して。

新築事業部 堀野です。

先日、担当現場の上棟を行いました。

建物の骨格ともいえる柱や梁が組み合わさり、
家の形になっていく様を見るのは何回立ち会っても飽きないです。

相羽建設の上棟現場、最大の特徴はそのスピード。

長年一緒に仕事をしている棟梁・大工が力を合わせることで
あっという間に作業が進んでいきます。

その作業のスピードが落ちないように、段取りを進めるのが
施工監督の技量が試される所です。

資材搬入の到着時間。
構造金物の準備、ベニヤや断熱材の準備。

駐車スペースや産廃置き場の位置をどうするかも、
監督の腕の見せ所です。

竣工まで気を抜かず。
段取り上手を目指します。

「アトリエのある住まい」完成見楽会

動画で伝えたいこと

関連記事

  1. モデルハウスのお掃除を

    こんにちは。相羽建設の伊藤です。年末といえば、、、大掃除!おおぜ…

  2. 大工の手でリモートワークを。

    世界的なコロナウイルスの影響にて、建設業界にも大きな向かい風が吹き始めて…

  3. 清瀬駅 徒歩4分 「あそこ」のご紹介です

    相羽建設では、住まい手さんやつながる人たちが、ご利用いただける場所「あそこ」…

  4. 大工さんの下準備

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。昨日はとある現場にて上棟作業を…

  5. 梅雨の時期の楽しみ(その2)

    こんにちは新藤です。梅雨の時期の楽しみ(その2)です。前回の…

  6. きちんと整列。

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。ブログに何を書こう、、、と写真…

  7. 造作材加工

    鴨居、敷居、玄関框、窓枠、ドア枠…総称して造作材と言います。相羽…

  8. タイル割付とは⁉

    こんにちは新築住宅事業部の新藤です。現場監督をやっております。…

PAGE TOP