「40」の節目を祝って

とある撮影で発見!「40」のオブジェ!

こんにちは!相羽建設の伊藤です。
少し前のお話ですが、二月の最初の土曜日の朝、毎月恒例の「つむじ市」が開催される東村山の「つむじ」で、とある撮影が行われていました。

つむじ市の様子(2020年2月1日)

 

三階建の木造ドミノ住宅の3階の空間の壁に、一本の木のバーを取り付け、そこに色々なサイズの木製フレームをひっかけているのは、この建物のインフィルや家具のデザインをした家具デザイナーの小泉誠さん!

写真の撮影のために、室内には色鮮やかなグリーンや林檎と、海外の蚤の市で発見されたと思われる素敵な生活道具がしつらえられています。
そして床の上には、木造住宅の材料である間柱(まばしら)を組み上げて、数字の「40」。さて、これはなんだろう………???

 

 

 

建築情報誌の10年、40号の節目を祝って

実はこの撮影から遡ること一週間ほど前、小泉さんから相羽建設の大工さんに向けて、「40」の図面が送られてきていたのです。

小泉誠さんによる手書きの図面

 

60×90mmの角材を用いて「40」という数字をかたどること、そして「4」と「0」は動かせるようにしてほしい……。
小泉さんの手書きのスケッチは色付きで細部まで寸法が描き込まれています。

この数字の意味、もしかしたら建築業界のプロの方であればピンとくるかもしれません。
この日につむじで行われた撮影は、工務店、住宅・リフォーム会社など建築業界で働く人のための仕事誌、「建築知識ビルダーズ」の最新号、しかも10周年(年4回の季刊誌なので40号!)の特別号の表紙撮影。
編集部と小泉さんが企画をして、つむじにカメラマンの阿部良寛さんや誌面のデザイナーの川島さん、編集部の中川さん、木藤編集長、そして小泉誠さんやこいずみ道具店の大柴いずみさんが結集し、撮影が行われていたのでした。

 

こちらは表紙の撮影準備用に小泉さんが描いてくださったスケッチ。

 

編集部とメンバーでの撮影の一コマ。
緊張感がありつつ、関わるみんなが良い一瞬のために力を尽くしていました。

 

相羽建設で「40のオブジェ」や誌面で登場する「わくわく(後述)」の製作を担ったのは益子友三大工
大工歴48年のベテランで、熟練の技を持ちながら持ち前のコミュニケーション能力とニコニコ笑顔で大人気の大工さんです。
そして撮影用のユーカリ(グニユーカリ)の葉っぱは、ふだんつむじ市でお世話になっている「アトリエフロコリール」さん。西武柳沢を拠点に素敵なお花やグリーンのある暮らしを提案されています。

 

いよいよ発売がスタートしました!

 

そして2月末、編集部から、書店に並ぶ前に先行して見本誌が届きました。

特集タイトルは「スーパー工務店は全部やっている!『完全無欠の家』」。完全無欠ってすごい言葉ですが、住宅の性能やデザインをバランスさせ、
顧客の想像や期待を上回るような提案をするために取り組んでいる先進的な工務店が誌面でたくさん紹介されています。
そして特集誌面の対向ページには小泉誠さんと一緒に取り組んでいる「わざわ座」の活動のお知らせページも!

特集は見応えが満載で、相羽建設としても日々進化していく性能やデザインを学び実践しながら基本価値や感性的価値のバランスがとれた良い家づくりに邁進していこうとあらためて思いました!

 

また、特集以外のところでも「キーワードで語る住宅業界の未来」というページで相羽建設の代表取締役の相羽健太郎もインタビューいただきました。

地域工務店として、木造住宅の技術を生かした木造施設をつくり、地域の子どもから大人まで多くの人が使う施設を地域の材や人(職人)でつくることの可能性や意義をお話ししています。こちらもぜひご覧いただきたいページです。

 

そしてわくわくする大注目は……!「付録」!!!

 

そして今回の40号で一番の見どころ(と書くとあれですが)は、付録です!
職人の手仕事を生かした家具や場づくりを提案する「わざわ座」の活動に参加する家具デザイナーの小泉誠さんによる、オリジナルフレーム「わくわく」。その原寸大図面が付録としてつき、製作工程も詳細にわたって誌面で紹介されています。

 

冒頭の表紙撮影の中でも、つむじの三階建木造ドミノ住宅の壁面に取り付けられた「わくわく」。
木造住宅の無垢の床材の端材をいかしてつくる木のフレームが、生活を楽しく彩ってくれるはず。

いよいよはじまる書店販売に向けて、全国のわざわ座の座衆メンバーが「わくわく」の実物を製作し、編集部の手によって書店に届けられています。

製作された「わくわく」と編集部お手製のかわいいPOPたち

 

ぜひ書店やインターネットでも、「建築知識ビルダーズ」最新号の表紙や誌面、付録をチェックしてみてください!

予定されていた浜松の書店での小泉誠さんのトークイベントが新型コロナウイルスの感染拡大への対応から残念ながら中止となりましたが、たくさんの愛情と熱意がこめられた素敵な一冊、多くの人の手に届くことを心から祈っています。

●建築知識ビルダーズ
・発行元「エクスナレッジ 」Webサイトより
https://www.fujisan.co.jp/product/1281691774/

・アマゾンでの最新号購入はこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/476782706X/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_aw8vEbDH9V3FG

 

●わくわく
デザイン
小泉誠+Koizumi Studio

製作協力
・こいずみ道具店(東京)
・相羽建設(東京)
・池田組(新潟)
・カワイ建築(愛知)
・石牧建築(静岡)
・いがみ建築工房(岐阜)
・ヤマサハウス(鹿児島)

 

記:相羽建設 伊藤夕歩

 

ダウンライトの電球交換

今年の2月は29日があります。

関連記事

  1. きよせの「あそこ」へ、来てみませんか??

    こんばんは、新築住宅事業部の新です。今度の木曜日、海の日から始まる四連休。皆…

  2. おうちスタジオ写真撮影会

    こんにちは。相羽建設スタッフ相羽照美と申します。2020年がスタート…

  3. 「オンライン化」に思うこと

    こんにちは!相羽建設の伊藤です。withコロナのゴールデンウィーク。…

  4. 年の瀬のお餅つき

    こんにちは。相羽建設の伊藤です。2019年も残すところあと数日。…

  5. 花粉症対策と、地域の山の木のこと。

    こんにちは、新築住宅事業部の新(あたらし)です。今の季節は「花粉症」…

  6. 「あそこ」が始まる。

    こんにちは!新築住宅事業部の新(あたらし)です。明日4月25日(土)…

  7. あいばのオンライン見楽会

    完成した建物を借りて1日だけの放送局コロナ禍で生まれた新しい見学のカ…

  8. 今出来るやり方のひとつ「zoom」の活用。

    こんにちは、新築住宅事業部の新(アタラシ)です!タイヘンな状況が続いてい…

PAGE TOP