文字を書きます。

みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。

先日、仕上げの指示内容を壁に書いていたのですが、なんだか”土佐”が大好きな人みたいになってしまいました。

なんとなく好きな景色だったので、パシャリ。

木工事が終わると大工さんが道具を片付け、現場の掃除などをします。

あわせて、現場監督は仕上げ材の指示などを石膏ボードに書いていくのですが、

そのタイミングが私にとっては頭の中を整理し、切り替えるスイッチになっていて、

壁にチョークをすべらせている時間が結構お気に入りです。

 

ちなみに、土佐以外に、”月桃”=月桃紙、”中霧”=中霧島、などがあります。

細かい指示内容だと刷毛引きの方向などなど・・・。

 

実際に仕上げが完了したあと、文字がきちんと形になっていくのもまたうれしいです。

 

住まいを継ぐリフォーム

八国山の家、いよいよ完成。

関連記事

  1. 鉄骨の棟持ち柱

    木の家づくりでも鉄骨材を使用することがあります。…

  2. 段取り上手を目指して。

    新築事業部 堀野です。先日、担当現場の上棟を行いました。建物…

  3. 構造金物、奥が深いです。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。現…

  4. 現場の掃除

    こんにちは橋詰です。タイルカーペット工事にて作業にかかる前の…

  5. 木造の園舎

    昨年6月に着工した木造の保育園が先日お引渡しを無事お引渡しを迎えました。…

  6. あっという間の1年

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。いろいろと大変なことが…

  7. きちんと整列。

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。ブログに何を書こう、、、と写真…

  8. 手のひらサイズの…

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。今日は私のお気に入りの道具をご…

PAGE TOP