八国山の家、いよいよ完成。

週末の見学会へ向けて家具を運び込みました。

ダイニングテーブルがあると暮らしのイメージがしやすくなります。

今回はタイル職人をされている奥様のお父様が腕を奮ってくださいました。タイルの種類はかなり悩まれていましたが、渋くまとめられた色合いがお施主様らしさにあふれています。薪ストーブの白もアクセントになっていてモダンな印象で素敵です。

真裏で貫通させた煙突もこだわりポイントです。こうした細やかなこだわりが延べ床面積24坪というコンパクトな住まいをすっきりと広々感じさせているのだと思います。

外は植栽の工事中、造園家の小林賢二さんが鋭い眼差しで植木や石の配置を指示していました。こちらも完成が楽しみです。

今週末 3/21,22に見学会を開催させていただきます。八国山ライフを凝縮した住まいを体感できる貴重な機会です。ご予約お待ちしています。

相羽建設 松本

「ゆったりと薪ストーブを楽しむ暮らし」完成見楽会 ご予約はこちら

小林賢二アトリエ

文字を書きます。

花粉症対策と、地域の山の木のこと。

関連記事

  1. 移り変わるもの。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。先日現場にて板金屋さん…

  2. ソーラータウン八国山の家とまちづくり

    こんにちは!相羽建設の新築住宅事業部、広報の伊藤です。いま、…

  3. 『AIBA家づくりWeek!』がはじまります

    こんにちは!相羽建設の伊藤です。2020年最初のイベントは、「A…

  4. 「家キャンプ」に向いている場所を考える

    こんにちは、新築住宅事業部の新(あたらし)です。本当に暑い日が続いていま…

  5. リビングとつながる和室

    築17年の家 オープンハウス

    相羽建設が17年前に建築家 永田昌民氏と伊礼 智氏と一緒に宅地造成から初めて…

  6. 暮らしを豊かにする「庭」をつくろう|造園家の小林…

    こんにちは!相羽建設の伊藤です。2月からの新型コロナウイルスの感染拡大が…

  7. ダウンライトの電球交換

    こんにちは、中村です。天井に設置されているダウンライトこのダウンライ…

  8. 暖かい雪降る町。

    新築事業部 堀野です。首都圏を数年ぶりに白く染めた雪の日にお引き…

PAGE TOP