煙突のある家ができました。

八国山ソーラータウンに、煙突が目印の住まいが完成しました。

杉板張りの外壁。
小林賢二さんの手による植栽、石畳のアプローチ。
リビングの薪ストーブは、暖をとるだけではなく料理もできます。
窓の外には八国山の緑。
冬の晴れた夜は星空も見えます。

先の見えない今日この頃ですが、
このタウンには今日もゆっくりと時間が流れています。

今週末は、この新しい豊かな暮らしの舞台に
是非ともお越し下さいませ。

ソーラータウン八国山 施工担当
新築住宅事業部
堀野浩司

春休みはつむじへゴ!!

木造の園舎

関連記事

  1. 完成まであと少し

    こんにちは新築住宅事業部の橋詰です。9月に投稿いたしました世…

  2. 板金の納まり

    ガルバリウム鋼板:屋根や外壁の仕上げ材として用いられる素材現場は、外…

  3. あっという間の1年

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。いろいろと大変なことが…

  4. 木造施設の工事中

    こんにちは新築住宅事業部の橋詰です。ただ今世田谷区にて木造保…

  5. 築30年以上の住まいをリフォーム

    聖蹟桜ヶ丘駅にほど近い多摩ニュータウンは、昭和38年に土地の分筆が行われ、1…

  6. 鉄骨の棟持ち柱

    木の家づくりでも鉄骨材を使用することがあります。…

  7. 階段の加工

    まわり階段をつくる時、相羽建設ではより広くすっきりとした階段にするために…

  8. タイル×露天風呂

    タイル主にキッチン・浴室など水回りで取り入れられる素材大きさ・カタチ…

PAGE TOP