木造の園舎

昨年6月に着工した木造の保育園が先日お引渡しを無事お引渡しを迎えました。
普段は住宅で共に仕事をしている職人さんと手がけた木造施設。
居心地の良い家のような、木のぬくもりを感じる温かな建物となりました。

普段は住宅現場で監督をしていますが、規模も仕様も職人さんの数も異なるためとても勉強になった9か月でした。

橋詰

設計:袴田喜夫建築設計室
施工:相羽建設 工事責任者:荻野 工事担当:橋詰

煙突のある家ができました。

暮らしを豊かにする「庭」をつくろう|造園家の小林賢二さん

関連記事

  1. 階段の加工

    まわり階段をつくる時、相羽建設ではより広くすっきりとした階段にするために…

  2. 築30年以上の住まいをリフォーム

    聖蹟桜ヶ丘駅にほど近い多摩ニュータウンは、昭和38年に土地の分筆が行われ、1…

  3. 現場が始まる前の仕事

    加工場に積み上げられた木材はこれから始まる仕事の造作材現場を指揮…

  4. 木完

    "モッカン"大工の仕事が完了した状態をこのように呼んでいます。内部は…

  5. 木造施設の工事中

    こんにちは新築住宅事業部の橋詰です。ただ今世田谷区にて木造保…

  6. 大工さんの下準備

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。昨日はとある現場にて上棟作業を…

  7. 木造戸建てリノベーション始まりました!

    築30年ほどの建売住宅にお住いの70代ご夫婦が今のお住まいで悩んでいらっしゃ…

  8. 板金の納まり

    ガルバリウム鋼板:屋根や外壁の仕上げ材として用いられる素材現場は、外…

PAGE TOP