大工の手でリモートワークを。

世界的なコロナウイルスの影響にて、
建設業界にも大きな向かい風が吹き始めています。
大手ゼネコンの清水建設では、緊急事態宣言の発令期間にあたる5月6日まで
7都道府県での工事中止を発表しました。

今まで当たり前に出来ていたことが徐々に制限され、
各個人の行動にも責任が求められています。

この事態を受け、相羽建設でも
新しい働き方を進め始めました。
建設現場では毎朝の検温を徹底(37.2度以上の入場禁止)・マスクの着用厳守など
感染対策を行っています。また、本社事務所ではなく自宅で作業が出来る者は自宅で行うように
テレワークへの切り替えが進んでいます。

我が家のリビングにある大工の手「KM.53」は自宅での事務作業用に購入したものですが、
その本領発揮の時が来たようです。
このブログも自宅のリビングにて投稿しています。

新しい働き方を模索する今。
大工の手をリモートワークのツールとしてみるのは如何でしょうか。

新築住宅事業部 堀野浩司

ainoha vol.100 自宅掲載していただきました

鉄骨の棟持ち柱

関連記事

  1. 東京都の蓄電池助成金について

    東京都の蓄電池助成金について OMソーラー+太陽…

  2. こども部屋間仕切り壁をご紹介

    お引渡しから15年経過した住まい手さん宅の居室を間仕切るご相談をいただきまし…

  3. 6月の木

    こんにちは、新築住宅事業部の新(あたらし)です。6月の木といえば、「…

  4. 段取り上手を目指して。

    新築事業部 堀野です。先日、担当現場の上棟を行いました。建物…

  5. 整理・収納にお伺いしました

    以前、ainoha VOL.104でご紹介をさせていただいた 「整理…

  6. 職人技の見せ所。

    八国山に程近い場所で、基礎工事が始まりました。配筋検査の確認をしていると…

  7. 「700MHZ」と聞いてわかる方?

    先日、住まい手さん(Aさん)からいただいた1件のお問い合わせメールが始まりで…

  8. 築70年の解体工事に立ち会う

    私が相羽建設に入社以来、初めて築70年の建物に出会いました。先代が残して…

PAGE TOP