鉄骨の棟持ち柱

 

木の家づくりでも鉄骨材を使用することがあります。

木造よりも柱断面を細くすることができるため印象も変わります。

上棟を控えた現場

今回は構造材に鉄骨の棟持ち柱が1本

部材にメッキ仕上げを施す前の最終確認

確認作業は現場管理の上で大切な業務の一つ

細かな確認を積み重ねることが、大きな建物の完成へと繋がります。

◼️橋詰玄

大工の手でリモートワークを。

withコロナ、家や庭でできること

関連記事

  1. 段取り上手を目指して。

    新築事業部 堀野です。先日、担当現場の上棟を行いました。建物…

  2. 完成まであと少し

    こんにちは新築住宅事業部の橋詰です。9月に投稿いたしました世…

  3. 木製建具枠造作

    伊礼智さん設計の浜田山の家は、外周部木枠の造作工事中秋山棟梁の枠…

  4. 造作材加工

    鴨居、敷居、玄関框、窓枠、ドア枠…総称して造作材と言います。相羽…

  5. 文字を書きます。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。先日、仕上げの指示内容…

  6. 原寸で確認する

    現場監督にとって大切な仕事の一つが伝えるということ伊礼智設計室さま設…

  7. 新しい家作りが始まります。

    ソーラータウン八国山にて、新しい家作りが始まりました。…

  8. 杉板張りの家。

    新築住宅事業部 堀野です。トトロの森にほど近い、八国山の地に…

PAGE TOP