職人技の見せ所。

八国山に程近い場所で、基礎工事が始まりました。
配筋検査の確認をしていると、型枠を留めている板に穴が空いていることに
気がつきました。
何故だろうと思っていると、
「こうすればアンカーボルトが斜めに傾かないでしょ」とアンカーボルトの据付を始めました。
なるほど!

こうした職人技は施工を進めていくと、数多く目の当たりにします。
配筋検査も無事に通過し、いよいよ生コン打設。
本格的な梅雨入りになる前に、打設を行えて一安心です。

 

新築住宅事業部
堀野浩司

犬や猫と暮らすお家プチリフォーム

板金の納まり

関連記事

  1. 大工の手でリモートワークを。

    世界的なコロナウイルスの影響にて、建設業界にも大きな向かい風が吹き始めて…

  2. 「700MHZ」と聞いてわかる方?

    先日、住まい手さん(Aさん)からいただいた1件のお問い合わせメールが始まりで…

  3. 東京都の蓄電池助成金について

    東京都の蓄電池助成金について OMソーラー+太陽…

  4. 整理・収納にお伺いしました

    以前、ainoha VOL.104でご紹介をさせていただいた 「整理…

  5. 段取り上手を目指して。

    新築事業部 堀野です。先日、担当現場の上棟を行いました。建物…

  6. 梅雨の時期の楽しみ(その2)

    こんにちは新藤です。梅雨の時期の楽しみ(その2)です。前回の…

  7. 清瀬駅 徒歩4分 「あそこ」のご紹介です

    相羽建設では、住まい手さんやつながる人たちが、ご利用いただける場所「あそこ」…

  8. 築70年の解体工事に立ち会う

    私が相羽建設に入社以来、初めて築70年の建物に出会いました。先代が残して…

PAGE TOP