構造金物、奥が深いです。

みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。

 

現場監督をしていると、さまざまなお施主様の暮らしや建物に出会います。

工事をしていて楽しい点の1つですが、先日お引渡しをした建物は私にとっても初めての形状でした。

形はシンプルですが、狭小地に建つ建物ということで大きな開口のある駐車スペースを設けました。

その際に、構造を支えるために特殊な金物も使用。

構造はバランスが命。

1か所に強力な金物をつかうと、ほかのところに力がかかり負担になってしまうので、それらにも大きな力を持つ金物などを納めていきます。

そんな風にバランスと力を計算していくのが、構造計算ですが(とっても簡単に話してしまいましたが)

そういった作業を経て、大きな開口をもつ住宅を建てることができました。

 

使用する金物や建物の形状など、初めてのことで多くの緊張が走りましたが、

無事にお引渡しを迎えられて、一安心です。

 

樋口

 

板金の納まり

久しぶりのハンドドリップ

関連記事

  1. 煙突のある家ができました。

    八国山ソーラータウンに、煙突が目印の住まいが完成しました。杉板張りの…

  2. 文字を書きます。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。先日、仕上げの指示内容…

  3. タイル割付とは⁉

    こんにちは新築住宅事業部の新藤です。現場監督をやっております。…

  4. 上棟の想い出を。

    こんにちは、新築住宅事業部の新(あたらし)です。先日の水曜日。現在販…

  5. タイル×露天風呂

    タイル主にキッチン・浴室など水回りで取り入れられる素材大きさ・カタチ…

  6. 現場が始まる前の仕事

    加工場に積み上げられた木材はこれから始まる仕事の造作材現場を指揮…

  7. 木工事がはじまります。

    こんにちは。新築住宅事業部の樋口です。家…

  8. 木完

    "モッカン"大工の仕事が完了した状態をこのように呼んでいます。内部は…

PAGE TOP