大工さんの下準備

こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。

昨日はとある現場にて上棟作業をしていました。

そこで、朝いちばんに大工さんが車から降ろした荷物の中に、気になるものが・・・

普段の建て方では見ないもの。なにかの定規のようだけれど、なんでしょう。

わからなかったので直接棟梁に聞いてみました!

そして実演!つかったのは建て方の最後の方です。

屋根の断熱材をはめて、カット。

そうすると、屋根勾配によって生じる斜めの部分にぴったり合うよう、きれいにカットができました。

 

実際に納まったあとがこちらです。

事前のひと手間が、きれいな施工や施工のしやすさに大きく影響する”段取りの重要さ”がよくわかるできごとでした。

 

新しい家作りが始まります。

梅雨時期の楽しみ!!

関連記事

  1. 段取り上手を目指して。

    新築事業部 堀野です。先日、担当現場の上棟を行いました。建物…

  2. 内装工事 珪藻土クロス

    しまだ設計室さま設計のToolBoxハウスは仕上げ工事中天井と壁の仕…

  3. 手のひらサイズの…

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。今日は私のお気に入りの道具をご…

  4. 築30年以上の住まいをリフォーム

    聖蹟桜ヶ丘駅にほど近い多摩ニュータウンは、昭和38年に土地の分筆が行われ、1…

  5. あっという間の1年

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。いろいろと大変なことが…

  6. 技術の伝承

    伊礼智さん設計の浜田山の家は、大工さんによる造作工事中秋山棟梁を中心…

  7. 木完

    "モッカン"大工の仕事が完了した状態をこのように呼んでいます。内部は…

  8. 現場監督の楽しみ

    建物のお引渡し前、現場監督の密かな楽しみ一眼レフで竣工写真の撮影…

PAGE TOP