大工さんの下準備

こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。

昨日はとある現場にて上棟作業をしていました。

そこで、朝いちばんに大工さんが車から降ろした荷物の中に、気になるものが・・・

普段の建て方では見ないもの。なにかの定規のようだけれど、なんでしょう。

わからなかったので直接棟梁に聞いてみました!

そして実演!つかったのは建て方の最後の方です。

屋根の断熱材をはめて、カット。

そうすると、屋根勾配によって生じる斜めの部分にぴったり合うよう、きれいにカットができました。

 

実際に納まったあとがこちらです。

事前のひと手間が、きれいな施工や施工のしやすさに大きく影響する”段取りの重要さ”がよくわかるできごとでした。

 

新しい家作りが始まります。

梅雨時期の楽しみ!!

関連記事

  1. 鉄骨の棟持ち柱

    木の家づくりでも鉄骨材を使用することがあります。…

  2. 段取り上手を目指して。

    新築事業部 堀野です。先日、担当現場の上棟を行いました。建物…

  3. 完成まであと少し

    こんにちは新築住宅事業部の橋詰です。9月に投稿いたしました世…

  4. あっという間の1年

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。いろいろと大変なことが…

  5. 板金の納まり

    ガルバリウム鋼板:屋根や外壁の仕上げ材として用いられる素材現場は、外…

  6. 杉板張りの家。

    新築住宅事業部 堀野です。トトロの森にほど近い、八国山の地に…

  7. 長く使いやすい家

    こんばんは、新築住宅事業部のアタラシです。今週末の5/9(土)10(…

  8. 現場監督の楽しみ

    建物のお引渡し前、現場監督の密かな楽しみ一眼レフで竣工写真の撮影…

PAGE TOP