築15年目のリフォーム工事

今年の4月に担当したリフォーム工事

現場は竣工から15年目を迎えた当社社長の相羽邸。設計はN設計室の永田昌民さん。
リフォームの目的は建築当時生まれたばかりだった子ども達の成長に合わせ、子ども部屋を仕切るというもの。

プランは家具デザイナーの小泉誠さんに依頼。
完全な個室ではなく緩やかに間仕切ることで、お互いの存在を感じるほど良い距離感

ご家族が居住している住まいでのリフォーム工事
生活への負担を少しでも軽減するため
事前に家具や間仕切りの仮組みを行い、現場での作業量を最小限に留めました。

そして今週末は、その相羽邸にてオンライン見楽会を行います。
自然素材の家の経年変化と暮らしに合わせたリフォーム後の様子を感じていただければと思います。

「建築家の永田昌民さんとつくった家」オンライン見楽会

 

 

「700MHZ」と聞いてわかる方?

今ほしいもの。

関連記事

  1. 木工事がはじまります。

    こんにちは。新築住宅事業部の樋口です。家…

  2. 大工さんの床張り

    現場では野田大工さんが床の施工中職人さんの無駄のない動…

  3. 木完

    "モッカン"大工の仕事が完了した状態をこのように呼んでいます。内部は…

  4. 手のひらサイズの…

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。今日は私のお気に入りの道具をご…

  5. 原寸で確認する

    現場監督にとって大切な仕事の一つが伝えるということ伊礼智設計室さま設…

  6. 煙突のある家ができました。

    八国山ソーラータウンに、煙突が目印の住まいが完成しました。杉板張りの…

  7. Tool Box ハウス 上棟

    上棟1日で柱から棟まで組み上げる大工工事のはじまり通…

  8. 構造金物、奥が深いです。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。現…

新着記事

PAGE TOP