開口部と採光

Tool Box ハウスは大工工事が完了
この日は、しまだ設計室の島田さんも現場で立会い

現場は下地の石膏ボードが貼り終わった状態
この段階では、ボリューム感や光の入り方を確認できます。

天井と壁の際に開口部を設けることで
光が当たり視覚的にも明るさを感じることができる。

2階のホールに設けられた家族の工作スペース
籠り感のあるこの一角は
ハイサイドライトで光を取り込み、三角の天井で受け止めるという採光の工夫をしているとのことです。

光の取り入れ方で空間の雰囲気はガラッと変わる
建築ってやっぱり面白いと思いました。

Tool Box ハウス
設計:しまだ設計室
ブログ:「ToolBoxハウス 現場」

橋詰玄

明日は7月のTSUMUJICOFFEE~~

きちんと整列。

関連記事

  1. 板金の納まり

    ガルバリウム鋼板:屋根や外壁の仕上げ材として用いられる素材現場は、外…

  2. 木造3階建て 延床:18坪 工事着工しました!!…

    練馬区にて、木造3階建ての工事を着工しました。ワンフロアー6坪ほどの…

  3. 長く使いやすい家

    こんばんは、新築住宅事業部のアタラシです。今週末の5/9(土)10(…

  4. 木完

    "モッカン"大工の仕事が完了した状態をこのように呼んでいます。内部は…

  5. 木造施設の工事中

    こんにちは新築住宅事業部の橋詰です。ただ今世田谷区にて木造保…

  6. 新しい家作りが始まります。

    ソーラータウン八国山にて、新しい家作りが始まりました。…

  7. 木造戸建てリノベーション始まりました!

    築30年ほどの建売住宅にお住いの70代ご夫婦が今のお住まいで悩んでいらっしゃ…

  8. 現場が始まる前の仕事

    加工場に積み上げられた木材はこれから始まる仕事の造作材現場を指揮…

PAGE TOP