木製建具枠造作

伊礼智さん設計の浜田山の家は、外周部木枠の造作工事中

秋山棟梁の枠材の木取り・製材から始まり
現場では山本大工が2階の木製建具枠の施工を手掛けていました。

最近では、既製品のサッシが主流となっておりますが、当現場では2ヵ所造作建具(ガラス戸)の納まりがあります。
現場で加工する部分も多く、しっかりと図面を理解しなくては取り掛かれない技術と経験を要する仕事ですが、
「やりがいがありとても楽しい」と作業を進めております。

職人さんが腕を振るえる仕事に携われるとこは、ありがとたいと感じました。

橋詰玄

浜田山の家
設計:伊礼智設計室(伊礼智 多田彩美)
施工:相羽建設(棟梁:秋山和雄、大工:山本武史・長井駿・平沼陸也・吉田真巳、監督:橋詰玄)

鍵の抜き差しトラブルについて

素材と性格。

関連記事

  1. 段取り上手を目指して。

    新築事業部 堀野です。先日、担当現場の上棟を行いました。建物…

  2. 完成まであと少し

    こんにちは新築住宅事業部の橋詰です。9月に投稿いたしました世…

  3. きちんと整列。

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。ブログに何を書こう、、、と写真…

  4. 造作材加工

    鴨居、敷居、玄関框、窓枠、ドア枠…総称して造作材と言います。相羽…

  5. 文字を書きます。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。先日、仕上げの指示内容…

  6. 原寸で確認する

    現場監督にとって大切な仕事の一つが伝えるということ伊礼智設計室さま設…

  7. 構造金物、奥が深いです。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。現…

  8. 杉板張りの家。

    新築住宅事業部 堀野です。トトロの森にほど近い、八国山の地に…

PAGE TOP