内装工事 珪藻土クロス

しまだ設計室さま設計のToolBoxハウスは仕上げ工事中

天井と壁の仕上げ材には、東リのアースウォールという珪藻土クロスを使用します
調湿性と吸放湿性を有し、表情は光をあまり反射しないマットな素材感

差し込んだ光が天井・壁を照らす雰囲気は、落ち着きがあって個人的にいいなぁと思いました。

 

施工は、クロス職人のましこ内装さん
手際よく作業を進めていく様子は、見ていてとても素敵でした。

そこで今回は内装工事として珪藻土クロス(アースウォール)を施工するましこ内装さんの仕事ぶりを1分の動画でまとめてみました。
きびきびとした職人さんの手さばきや、壁や天井の隅々まで集中して貼っていく様子をぜひご覧ください!

ToolBoxハウス
設計:しまだ設計室(島田貴史)
施工:相羽建設(棟梁:野田時良、監督:橋詰玄)

こども部屋間仕切り壁をご紹介

ご家族5人・土間のある家・薪ストーブ・階段ベンチ・設計:建築家島田貴史

関連記事

  1. 段取り上手を目指して。

    新築事業部 堀野です。先日、担当現場の上棟を行いました。建物…

  2. 完成まであと少し

    こんにちは新築住宅事業部の橋詰です。9月に投稿いたしました世…

  3. きちんと整列。

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。ブログに何を書こう、、、と写真…

  4. 造作材加工

    鴨居、敷居、玄関框、窓枠、ドア枠…総称して造作材と言います。相羽…

  5. 文字を書きます。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。先日、仕上げの指示内容…

  6. 原寸で確認する

    現場監督にとって大切な仕事の一つが伝えるということ伊礼智設計室さま設…

  7. 構造金物、奥が深いです。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。現…

  8. 杉板張りの家。

    新築住宅事業部 堀野です。トトロの森にほど近い、八国山の地に…

PAGE TOP