技術の伝承

伊礼智さん設計の浜田山の家は、大工さんによる造作工事中

秋山棟梁を中心に作業は順調に進んでいる。

6年目の長井大工も造作工事を担当している。

図面を深く読み込み、段取りを考え、カタチにする

秋山棟梁と兄弟子の山本大工の指示を得ながら現場を共にすることで技術は伝わっていきます。

そんな長井大工
パワーワークスという作業着メーカーが開催している
「イケてる職人さんコンテスト」というlineの人気投票に参加しているようです。
いろいろなカタチで現場の職人さんのカッコよさが伝わっていくのは嬉しいことですね。

 

ご家族5人・土間のある家・薪ストーブ・階段ベンチ・設計:建築家島田貴史

オンとオフ。

関連記事

  1. 段取り上手を目指して。

    新築事業部 堀野です。先日、担当現場の上棟を行いました。建物…

  2. 木製建具枠造作

    伊礼智さん設計の浜田山の家は、外周部木枠の造作工事中秋山棟梁の枠…

  3. 手のひらサイズの…

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。今日は私のお気に入りの道具をご…

  4. 築30年以上の住まいをリフォーム

    聖蹟桜ヶ丘駅にほど近い多摩ニュータウンは、昭和38年に土地の分筆が行われ、1…

  5. あっという間の1年

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。いろいろと大変なことが…

  6. 内装工事 珪藻土クロス

    しまだ設計室さま設計のToolBoxハウスは仕上げ工事中天井と壁の仕…

  7. 木完

    "モッカン"大工の仕事が完了した状態をこのように呼んでいます。内部は…

  8. 現場監督の楽しみ

    建物のお引渡し前、現場監督の密かな楽しみ一眼レフで竣工写真の撮影…

PAGE TOP