技術の伝承

伊礼智さん設計の浜田山の家は、大工さんによる造作工事中

秋山棟梁を中心に作業は順調に進んでいる。

6年目の長井大工も造作工事を担当している。

図面を深く読み込み、段取りを考え、カタチにする

秋山棟梁と兄弟子の山本大工の指示を得ながら現場を共にすることで技術は伝わっていきます。

そんな長井大工
パワーワークスという作業着メーカーが開催している
「イケてる職人さんコンテスト」というlineの人気投票に参加しているようです。
いろいろなカタチで現場の職人さんのカッコよさが伝わっていくのは嬉しいことですね。

 

ご家族5人・土間のある家・薪ストーブ・階段ベンチ・設計:建築家島田貴史

オンとオフ。

関連記事

  1. 原寸で確認する

    現場監督にとって大切な仕事の一つが伝えるということ伊礼智設計室さま設…

  2. 素敵空間の妄想。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。最近は暑さもやわらいで…

  3. 完成まであと少し

    こんにちは新築住宅事業部の橋詰です。9月に投稿いたしました世…

  4. 木造3階建て 延床:18坪 工事着工しました!!…

    練馬区にて、木造3階建ての工事を着工しました。ワンフロアー6坪ほどの…

  5. タイル割付とは⁉

    こんにちは新築住宅事業部の新藤です。現場監督をやっております。…

  6. 板金の納まり

    ガルバリウム鋼板:屋根や外壁の仕上げ材として用いられる素材現場は、外…

  7. 構造金物、奥が深いです。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。現…

  8. 大工さんの下準備

    こんにちは、新築住宅事業部の樋口です。昨日はとある現場にて上棟作業を…

PAGE TOP