この時期の、OMソーラーの朝

今週はだいぶ冷え込んでいますね、皆さん体調など崩されていませんか。
こんにちは、新築住宅事業部の新(あたらし)です。

これは12/16水曜日の朝、自宅で撮ったOMソーラーの操作パネルの写真。
現行モデルは、カラーモニターのタッチパネル式になっていて、
表示のされ方もかなり進化していますが、これはひとつ前のモデルです。

7時前の西所沢。
外気温はマイナス2度!! なかなかですね~~

 

 

 

 

 

 

そして、その時の室温が14度。

 

 

 

 

 

 

まだ、何も暖房器具はつけていない状態です。
「14度」って、暖かい!って感じではありません。

ですが、全体的に家の中の温度差が少ないこともあって、寒い!という感じにもなりません。
太陽の熱を、空気を使って床下の隅々まで行き渡らせるという、OMならではの仕組みがあります。

寒い時期を過ごしていくのに、熱源は必要です。
皆さんは、どのような暖房器具を使われていますか。
暖かさの質や、ラニングコストはどうでしょうか。

今年の冬はその中でも「換気」を意識しなければ ということがあります。
暖房と換気という相反することを一緒にやっていくという、
いつもとは違う冬の過ごし方に、そのための工夫が必要になって来るかと思います。

熱源とセットで、もちろん家の断熱性能も大切です。
10年前と比べて、断熱材も窓も進化していますし、
それぞれの建設会社の標準仕様や、「HEAT20」のように世の中の基準も変わって来ています。

コロナ禍の本格的な冬を迎える今、
まずはしっかりとした断熱性能、その上で自分たちの暮らしぶりに合った熱源を選ばれるのが良いと思います。

今年も残り少なくなって来ましたが、
風邪など引かないよう、暖かくしてお過ごしください。

それでは!

年末年始は、お家メンテナンス

レンジフードのお掃除

関連記事

  1. 焼き杉

    焼き杉を張った外壁が出来てきました。今回使用したのは四国は香川の共栄木材…

  2. 外部の金属部あれこれ

    こんにちは、新築住宅事業部の中村です。現在工事中の西東京市のお住まい。…

  3. 斜 め

    まっすぐな階段を真ん中にどかっとかけると階段を支える側桁という材が斜…

  4. 住まいを継ぐリフォーム

    こんにちは!新築住宅事業部の伊藤です。3月のはじめの週末、リフォーム見楽…

  5. 素材と性格。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。今日は素材のお話を。…

  6. リビングとつながる和室

    築17年の家 オープンハウス

    相羽建設が17年前に建築家 永田昌民氏と伊礼 智氏と一緒に宅地造成から初めて…

  7. 家づくりの新しい補助制度 ~こどもみらい住宅支援…

    皆さんこんにちは。新築住宅事業部のアタラシです。これから家づくりを考…

  8. 東村山市で新しい土地販売が始まります!

    2021年もいよいよカウントダウンに入って来ましたね~皆さんこんにちは、…

新着記事

PAGE TOP