東京都の蓄電池助成金について

東京都の蓄電池助成金について
 
OMソーラー+太陽光発電と蓄電池をセットでご検討される方が増えてきました。
東京都では、蓄電池への助成金がありますが、
予算残額が少なくなってきたため、お知らせが
「クール・ネット東京」ホームページに掲載されました。
これから設置をご検討されている方、蓄電池助成金のお申し込みをされるなら今年度中にされてはいかがですか?
間に合えば、今年度予算枠に入るかもしれません。
郵送とインターネットで受付可能です。
令和2年度は、
補助単価:10万円/KW・補助上限額:60万円・助成対象上限額:20万円でしたが、
 
令和3年度は、
補助単価:7万円/KW・補助上限額:42万円・助成対象上限額:17万円になる予定です。
 
売電価格も毎年下がっており、電力会社からの購入電力の価格を下回っているケースがほとんどです。
発電電力は自家消費や家庭用蓄電池への充電に充当することもご提案しています。
相羽建設にご相談ください。
 

レンジフードのお掃除

素材のメリット・デメリットを楽しく、正しく、学びませんか??

関連記事

  1. 「家キャンプ」に向いている場所を考える

    こんにちは、新築住宅事業部の新(あたらし)です。本当に暑い日が続いていま…

  2. 今週末の見楽会に際して

    こんにちは、新築住宅事業部の新です。今週末に杉並区で開催する「心地良…

  3. 6月の木

    こんにちは、新築住宅事業部の新(あたらし)です。6月の木といえば、「…

  4. 素材と性格。

    みなさんこんにちは、新築住宅事業部の樋口です。今日は素材のお話を。…

  5. この時期の、OMソーラーの朝

    今週はだいぶ冷え込んでいますね、皆さん体調など崩されていませんか。こんに…

  6. 「アトリエのある住まい」完成見楽会

    3月1日に開催させていただきます完成見楽会のお宅をご紹介させていただ…

  7. 犬や猫と暮らすお家プチリフォーム

    犬や猫を飼っているご家庭では、一つの悩みとしてトイレトレーニングがうまくいか…

  8. リビングとつながる和室

    築17年の家 オープンハウス

    相羽建設が17年前に建築家 永田昌民氏と伊礼 智氏と一緒に宅地造成から初めて…

PAGE TOP