琺瑯のグラスを使ったことはありますか?

こんにちは。広報の中村です。
私は新事業のこいずみ道具店Online Shopも担当しています。
今回は、その中で特にお気に入りの製品をご紹介します!

琺瑯といえば、ポットや保存容器をイメージする方が多いと思いますが、家具デザイナーの小泉誠さんデザインのkaicoシリーズには『gurasu』があります!

琺瑯は鉄の器物をつくって、ガラス質の釉薬でコーティングされているため、氷を入れるとガラスのグラスのようにカランコロンと綺麗な音がします。飲み口が薄いので味を邪魔せず、ビールやアイスコーヒーを飲むのもおすすめ。前に飲んだものの香りが残りにくいのも琺瑯素材の特性です。

サイズは2サイズ展開。小さいほうの『gurasu 180)』は、グラスとして使うことはもちろん、ヨーグルトやアイスクリームを入れるのも適しています。

通常琺瑯製品は縁にカールが施されていますが、それは釉薬をコーティングする際に吊るすため。
このグラスにはその吊るす仕掛けがありませんが、シンプルなかたちを実現させるためにワイヤーを溶接して吊るし、釉薬が乾いた段階でそのワイヤーを切断。その跡の部分に金継ぎを施しています。一見とてもシンプルに見えますが、なんとも手間暇かかったグラスなのです。
この使い心地をぜひ多くの方に試していただきたいです!


▲白いグラスなのでミルクを使った飲み物を入れたくなります。こちらはレモンシロップの牛乳割り。


▲裏面に金継ぎが施されています。この金継ぎ部分は一点一点個性があり、まるで工芸品のよう!

gurasu
■ブランド:kaico
■サイズ:
gurasu 180(φ80×H65mm/満水容量250ml)
gurasu 250(φ82×H88mm/満水容量350ml)
■素材:
18-12ステンレス(0.8mm)
琺瑯
MR漆
(非加熱)
■生産地:東京+大阪
販売ページはこちら

郊外暮らしのここが良い!<お庭編>|いとう家の住宅

15年目の「洗面所」について想うこと

関連記事

  1. 暮らしと仕事が一体化した「くらしごと」空間|いと…

    こんにちは!広報の吉川です。私の自宅である「いとう家の住宅」に住みは…

  2. 東村山市内公園の自主事業

    公園指定管理と共に始まる自主事業の第一弾として野菜マルシェを開催しました。…

  3. 梅雨の時期の楽しみ(その2)

    こんにちは新藤です。梅雨の時期の楽しみ(その2)です。前回の…

  4. 自然素材や職人の技術をリアルに体験するイベント

    コロナ前に開催していた山のバス見学会。やはり現地に行って実際に木と触…

  5. インナーグリーンを楽しむ|いとう家の住宅

    こんにちは!広報の吉川です。梅雨の季節になりましたね。以前は雨の…

  6. つむじの庭のお手入れ

    春に向けて、つむじの庭のお手入れをこんにちは!相羽建設の伊藤です。…

  7. 現場監督のほっこりエピソード

    こんにちは!現場監督・設計の樋口です。先日、加工場へ行って仕事をして…

  8. 上棟とつむじWS|東大泉の郷/つむじ市

    こんばんは。現場監督の阪出です。先週の2日(金)に東大泉の郷・2号棟…

新着記事

PAGE TOP